広島の自然溢れる町|ハウスメーカーといえばピタットハウス!ココなら素敵な物件見つかる

ハウスメーカーといえばピタットハウス!ココなら素敵な物件見つかる

住宅

広島の自然溢れる町

男性

黒瀬町は1954年に広島県加茂郡で発足された町で、2005年になってから安芸津町などと共に東広島市に編入されました。町の名前は南北を通る黒瀬川から付けられたもので、小田山をはじめ石岳山や前平山など自然に囲まれた美しい景観が特徴となっています。広島市や呉市などへの交通網も整備されていて、ベッドタウンとして成長を続けている町でもあります。また小学校・中学校・高校はもちろん大学まで、教育機関も充実しているので安心して子どもを育てることができます。注意するべき点としては、鉄道の駅がないので買い物やレジャーには自家用車があったほうが良いというところです。その点がクリアできれば、スーパーやホームセンターなど生活必需品をそろえるお店も充実していて、不動産物件も多いので住むのに困ることはありません。

黒瀬町は緑や水資源に恵まれた土地で、黒瀬川やゴルフ場など休日にレジャーを楽しむことができる場所もあります。特に黒瀬川の支流であるガガラ川に建てられた黒瀬ダムは、整備された歩道があるのでウォーキングやジョギングに最適で、バス釣りをすることもできます。さらに春には数百本の桜が咲き乱れるので、チェックしておくべき花見の名所となっています。初めてこの地域で暮らす人も、長年地域に根ざして営業を続けている不動産会社があるので、物件探しに困ることがありません。しかも戸建の建売住宅や土地など不動産価格も安いので、月々の支払いが賃貸並みの値段で購入することができます。さらに店舗や事務所といった不動産物件も取り扱っているので、商売の拠点にすることも可能です。