世界中の投資家が注目の街|ハウスメーカーといえばピタットハウス!ココなら素敵な物件見つかる

ハウスメーカーといえばピタットハウス!ココなら素敵な物件見つかる

住宅

世界中の投資家が注目の街

PCを操作する人

大規模な都市開発が魅力

マレーシアの最南端にある都市がジョホールバルです。国内第2位の都市で、現在も大規模な開発計画が進行中です。シンガポールに接しているため、経済発展が見込まれるエリアです。世界中の投資家がジョホールバルで不動産投資を行っています。日本から投資をする場合、直接ジョホーバルに何度も足を運んで周辺環境を見る必要があります。というのも毎日のようにプロジェクトが立ち上がっているので、実際に自分の目で確かめないとわからない点が多いからです。何度も足を運べない場合は、現地のコンサルタント会社とパートナーを組みます。現地のコンサルタント会社は、どのエリアのどの不動産物件ならキャピタルゲインが得られるかなどの情報をたくさん持っています。日本語が通じて実績のある会社を探すことです。

必ず値上がりする住宅価格

ジョホールバルで不動産投資をする最大の魅力は、何といっても開発の規模の大きさです。大きく分けて8つの開発エリアがあり、総面積は24000エーカーにもなります。その中には工業団地、総合的な医療サービスエリア、経済特区、テーマパーク、政府関係の機能などがあります。これらの開発が現在進行中で、それによって地価も上昇しているのです。開発中に不動産を購入しておけば、将来的に売却すればかなりのキャピタルゲインが得られます。工業団地エリアに賃貸物件を購入すれば、安定したインカムゲインを得られます。ジョホールバルの住宅価格は隣接しているシンガポールと比べると、まだ10分の1の安さです。開発が終われば何倍も高騰するので、今が不動産投資のチャンスなのです。